HOME > 学校案内 > 学科紹介 > 土木科
土木科

歴史

土木科は、大正15年4月に創立されました。以来、87年の歴史と実績を誇りながら、 卒業生は3,065名を数え、多くが各官庁機関や産業界で幅広い活躍をしています。

授業風景
コンクリートカヌー
授業風景
 

道路、鉄道、橋、港、空港、ダム、上水道、下水道などの建設をして、私たちの生活やあらゆる産業の基盤を支えるのが土木です。
土木工学の基礎的・基本的知識と技術を身につけるため、測量・土木施工・実習等の施工系科目や設計・水理・土質等の設計系科目の学習をします。また、情報化社会に対応するため、情報処理等の勉強をするなどの幅広い学習をします。
将来、企業や官公庁等の土木技術者として社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

【取得可能な資格】
在学中に、『2級土木施工管理技術検定試験』に合格すれば、卒業後、『2級土木施工管理技士』受験の際、一部学科免除になります。また、『測量士補』等の資格取得も可能であり奨励しています。



学科紹介へ戻る