HOME > 学校案内 > 学科紹介 > 工業化学科
工業化学科

歴 史

 

昭和20年4月1日、秋田市立工業学校より移管され、工業化学科としてスタートしました。
卒業生は3,000名を越え、石油化学工業を中心とした幅広い分野で活躍しています。

学習内容

 

私たちの生活は、化学工業の製品、例えば石油類・プラスチック・繊維・染料・洗剤・ 肥料・セメント・ガラス・金属類・医薬品・化粧品などがなければ成り立ちません。また、地球温暖化など環境問題に対して地球規模で対応しようという試みが、世界各国や日本各地でも行なわれています。省エネルギーやリサイクルなど様々な取り組み等がありますが、このような分野においても、「化学」は重要な役割を果たしています。このような業界で仕事をする化学技術者を育てる事を目標としている学科です。この学科では「化学」を中心とした学習や実験・実習が数多く行われます。また、バイオテクノロジーについての学習や実験実習を取り入れています。

実験風景
 実験風景
 
私たちの生活(衣食住)は化学によって豊かに快適に支えられています。衣服、くつ、洗剤、化粧品、ガラス、ペットボトル、ラップ、ポリタンク、紙、酒類、調味料、テレビ、自動車、コンピュータ、医薬品、写真など数え切れないほど化学製品があります。 これらは、石油や空気・水・鉱物などを原料として化学反応によりできた製品です。また、水質検査や金属イオンの検出など各種の分析を行い環境面でも活躍しています。これらの化学工業に関する様々のことを基礎から応用まで学習します。


【取得可能な資格】
『毒物劇物取扱責任者』は、専門の工業化学関連科目を勉強し卒業すれば、申請により取得できます。
『危険物取扱者』は乙種第1類〜第6類全ての取得者が数多く、甲種も取得しています。
その他、「ボイラー技士2級」や「消防設備士乙種」の取得者もいます。


学科紹介へ戻る